MySQLでデータベースを削除する(‎drop database の使い方)

データベースを作成するには「DROP DATABASE」文を使います。

ここでは MySQLコマンド「DROP DATABASE」の具体的な使い方を解説していきます。

 

「DROP DATABASE」の基本

以下のコマンドを実行すると、データベースを削除することができます。

DROP DATABASE データベース名;

 

データベースを削除する

実際にMySQLサーバーに接続し、データベースを削除してみましょう。

 

その前に以下のコマンドで「test_db」という名前のデータベースをあらかじめ作成しておきます。

CREATE DATABASE test_db;
メモ

CREATE DATABASE 文の詳しい使い方はこちら

 

以下のコマンドで作成したデータベースを確認してみましょう。

SHOW DATABASES;

 

このように「test_db」という名前のデータベースが作成できていることが確認できます。

メモ

SHOW DATABASES 文の詳しい使い方はこちら

 

それでは この「test_db」を削除してみましょう。コマンドは以下。

DROP DATABASE test_db;

 

Query OK という表示が出てきたら、データベースが削除できたことになります。

 

再度、以下のコマンドでデータベース一覧を確認してみましょう。

SHOW DATABASES;

 

このように「test_db」という名前のデータベースがなくなっていることが確認できます。

 

ここまでが「DROP DATABASE」の基本!

理解をさらに深めたい方は以下からの内容もご覧ください。

 

同じ名前のデータベースが存在したときのエラーを表示しない

データベースを削除するときに、指定した名前のデータベースが存在しない場合は このようなエラーが表示されます。

 

以下のように IF EXISTS をつけると、このエラーを表示しないようにすることができます。

DROP DATABASE IF EXISTS データベース名;

 

「test_db」データベースを IF EXISTS を使って削除するコマンド例

DROP DATABASE IF EXISTS test_db;

このようにデータベースが存在しない場合もエラーになりません。

 

ハイフン(-)がついたデータベースを削除する

名前にハイフン(-)がついたデータベースを削除しようとすると、このようなエラーが表示されてしまって削除できません。

 

ハイフン(-)がついたデータベースを削除する場合は、以下のようにデータベース名をバッククォート(`)で囲む必要があります。

DROP DATABASE `test-db`;

 

これで削除することができました。

 

まとめ

以上、MySQLコマンド「DROP DATABASE」の使い方でした!

 

ここまでの内容をまとめておきます。

  • 「DROP DATABASE」コマンドでデータベースを削除することができる。