【MySQL】カラムやテーブルに別名をつける(as の使い方)

カラムやテーブルに別名をつけるには「AS」を使います。

ここでは MySQLコマンド「AS」の具体的な使い方を解説していきます。

 

「AS」の基本

「AS」は、カラム名やテーブル名の後ろにつけて使います。

カラムに別名をつける場合

SELECT カラム名 AS カラムの別名 FROM テーブル名;

テーブルに別名をつける場合

SELECT * FROM テーブル名 AS テーブルの別名;
メモ

SELECT 文の詳しい使い方はこちら

 

カラムに別名をつける

実際にMySQLサーバーに接続し、動作を確認してみましょう。

 

あらかじめ「shopping」データベースの「users」テーブルには、購入ユーザー名と買った商品ID、「items」テーブルには商品IDと その商品名や価格が保存されている例で進めていきます。

具体的なデータは以下。

「users」テーブル

name item_id
山田 2
鈴木 3
佐藤 2
田中 5

「items」テーブル

id name price
1 パン 100
2 牛乳 200
3 チーズ 150
4 100

データを保存するコマンド例

CREATE DATABASE shopping;
USE shopping;

CREATE TABLE users (name VARCHAR(100), item_id INT);
INSERT INTO users (name, item_id) VALUES ('山田', 2);
INSERT INTO users (name, item_id) VALUES ('鈴木', 3);
INSERT INTO users (name, item_id) VALUES ('佐藤', 2);
INSERT INTO users (name, item_id) VALUES ('田中', 5);

CREATE TABLE items (id INT, name VARCHAR(100), price INT);
INSERT INTO items (id, name, price) VALUES (1, 'パン', 100);
INSERT INTO items (id, name, price) VALUES (2, '牛乳', 200);
INSERT INTO items (id, name, price) VALUES (3, 'チーズ', 150);
INSERT INTO items (id, name, price) VALUES (4, '卵', 100);
メモ

CREATE DATABASE 文の詳しい使い方はこちら

USE 文の詳しい使い方はこちら

CREATE TABLE 文の詳しい使い方はこちら

INSERT INTO 文の詳しい使い方はこちら

 

それでは「items」テーブルの「price」カラムの値を取得してみましょう。その際、「price」カラムには「p」という別名をつけます。コマンドは以下。

SELECT price AS p FROM items;

 

コマンドを実行すると、以下のように結果が表示されました。

 

以下のようにして、計算結果に別名をつけることもできます。

SELECT SUM(price) AS 合計値, SUM(price) / 2 AS 合計値の半分 FROM items;
メモ

SUM 関数の詳しい使い方はこちら

 

コマンドを実行すると、以下のように結果が表示されました。

 

テーブルに別名をつける

今度は「users」テーブルに「u」という別名をつけます。コマンドは以下。

SELECT * FROM users AS u;

 

AS を省略して、以下のように書くこともできます。

SELECT * FROM users u;

 

この方法を用いると、以下のように複数のテーブルが出てくるSQL文を簡潔に書くことができます。

SELECT * FROM users u INNER JOIN items i ON u.item_id = i.id;
メモ

INNER JOIN の詳しい使い方はこちら

 

まとめ

以上、MySQLコマンド「AS」の使い方でした!

 

ここまでの内容をまとめておきます。

  • 「AS」でカラムやテーブルに別名をつけることができる。
  • カラムに別名をつけることで、表示結果の名前を変えることができる。
  • テーブルに別名をつけることで、複数のテーブルが出てくるSQL文を簡潔に書くことができる。