MySQLでテーブル一覧を確認・表示する(show tables の使い方)

テーブル一覧を確認・表示するには「SHOW TABLES」文を使います。

ここでは MySQLコマンド「SHOW TABLES」の具体的な使い方を解説していきます。

 

「SHOW TABLES」の基本

以下のコマンドを実行すると、テーブル一覧を確認・表示することができます。

SHOW TABLES;

 

テーブル一覧を確認・表示する

実際にMySQLサーバーに接続し、動作を確認してみましょう。

 

その前に以下のコマンドで「cooking」という名前のデータベースをあらかじめ作成し、その中に「menus」という名前のテーブルを作成しておきます。

CREATE DATABASE cooking;
USE cooking;
CREATE TABLE menus (id INT, name VARCHAR(100));
メモ

CREATE DATABASE 文の詳しい使い方はこちら

USE 文の詳しい使い方はこちら

CREATE TABLE 文の詳しい使い方はこちら

 

それではテーブル一覧を確認してみましょう。コマンドは以下。

SHOW TABLES;

 

コマンドを実行すると、以下のようにテーブル一覧を確認できます。先ほど作成した「menus」テーブルが表示されていますね。

 

ここまでが「SHOW TABLES」の基本!

理解をさらに深めたい方は以下からの内容もご覧ください。

 

指定したデータベースのテーブル一覧を確認する

SHOW TABLES; コマンドを実行することで、USE 文で選択しているデータベースのテーブル一覧を確認することができました。

 

現在 選択中のデータベースに関係なく、以下のようにデータベースを指定してテーブル一覧を確認する方法もあります。

SHOW TABLES FROM データベース名;

 

以下は「cooking」データベースのテーブル一覧を確認する例です。

SHOW TABLES FROM cooking;

 

指定した名前が含まれるテーブルを表示する

LIKE を使うことで、指定したパターンに一致するテーブルを表示することができます。

SHOW TABLES LIKE パターン;

 

例えば、名前の先頭に「me」がつくテーブルを検索してみます。

% は一文字以上の文字列を表します。

SHOW TABLES LIKE 'me%';

 

これで先頭に「me」がつくデータベースが表示されました。

 

同様に、以下は名前の後ろに「s」がつくデータベースを検索する例です。

SHOW TABLES LIKE '%s';

 

まとめ

以上、MySQLコマンド「SHOW TABLES」の使い方でした!

 

ここまでの内容をまとめておきます。

  • 「SHOW TABLES」コマンドでテーブル一覧を確認・表示することができる。